ドッグフード おすすめ コスパ

ドッグフードでおすすめな、高コスパな商品を紹介!

 

・コスパはいいけど、安すぎるドッグフードが危険な理由

 

 

コスパ的にはとても良いことからつい愛犬に与える餌として購入する人も多い安いドッグフードですが、
あまりにも安過ぎるドッグフードには実は愛犬の健康には危険なものが入っていることがあるので注意が必要です。

 

特に注意しておきたいのは人工添加物や犬にとってはあまり食べるのがあまり良くないといわれている穀物などです。
これらの成分はほとんどの場合、安くて量が多くなるようにということでカサ増しのために利用されています。

 

しかも使われている肉は4Dミートと呼ばれているものと言われています。4Dミートとは死亡した動物の肉、
病気にかかっていた動物の肉、なんらかの理由で死にかけていた動物の肉、何かの障害を持っていた動物の肉のことです。

 

これらの肉は工場で骨肉粉という状態になって加工をされるのですが、問題はいろんな問題がある肉を使っている
可能性があるということ以外にもその動物の肉だけではなく、質の良いドッグフードには使われない爪や
血液、頭、皮膚、内臓などの他、死んでしまった時に身につけていた首輪や鑑札なども一緒に粉末状にされて
餌の中に混ざっているといわれています。

 

いくら安いとはいえ、このように明らかに健康に悪そうなものが入っているドッグフードを愛犬に与えるというのは
できるだけ避けたいものです。ですから、値段が安くて量が多いというだけでドッグフードを選ぶのは
オススメできないことだといえます。あまりにも安いドッグフードを見つけた時にはまずは原材料を
細かにチェックしてみるといいです。"

 

 

・コスパが本当にいいドッグフードは、安いだけでなく、他のバランスが優れている。

 

 

コスパの良さでドッグフードを選ぶ場合にはどんなものを選ぶのが良いのでしょうか。
一番わかりやすい見分け方というのは安さだけではなく、他のいろんな面においてもバランスがとれているということです。

 

例えば賞味期限がかなり長いものは人工的な保存料を加えて保管できる期間を長くしているものなので
避けたほうが良いです。質の良い原材料を使い、しかも人工的な添加物を加えていないドッグフードは
長持ちさせるにも限界があります。つまり新鮮で安心して食べさせられるものを使っているドッグフードは
賞味期限がそれほど長くないものが多いのです。

 

そして何か特定の病気を予防することができると書いているようなドッグフードはその時点ですでに
医薬品医療機器等法の規制違反となっていますので、法律を破っているドッグフードということになります。
つまり信用に値しない会社が作っているということですから、愛犬に与えるのはやめておくほうが良いです。

 

ベストなドッグフードはコスパに優れているけれど、原材料も新鮮で安全なものを使っており、
できるだけ無添加でグレインフリーのものを選択するのがオススメです。グレインというのは犬の体に
害がある穀物類のことをいいます。"

 

 

では、上記で説明してきたものを満たしている、ドッグフードを紹介していきます。

 

 

 

 

おすすめ!コスパがいいドッグフード  1位【カナガン】

 

 

 



 

 

カナガンははたしてどのぐらいのコスパがいいのか?

 

大体、4キロぐらいの小型犬を例にしてみると、

 

1日食べる量は、カナガンで50g前半ぐらい  他の有名市販で70g前半ぐらい。
食べる量も少なくても済むのは、栄養価が高く、腹持ちがいいのが関係してます。

 

なので、結果さほど、食べる量も少なくて済むので、有名市販のものと値段もさほど
変わらず食べれる。さらに、アレルギーの心配も少なくて済む(グレインフリー)ので
愛犬が健康でいられることを考えれば、コスパは最強といっていいでしょう。

 

 

カナガンのドッグフードの詳細

 

「カナガン」は小粒タイプで人工的な添加物やグレインなどを不使用となっているイギリス産の高級ドッグフードです。
犬種や年齢などを問わず、与えることができるようになっています。なんと英国王室のエリザベス女王から表彰を
されているほどの実力派です。

 

原材料は全て人間が食べられるほど安全なものばかりで、新鮮なチキンの生肉やさつまいも、海藻、
マリーゴールド・クランベリー・カモミールなどをバランスよく配合してあります。グレインフリーに
こだわっているドッグフードとして知られており、犬にとっては不必要なトウモロコシや小麦、大麦などを使っていません。

 

イギリスではなんとカナガンを与えた飼い主の80%以上がこのドッグフードをリピートしているほど人気となっています。

 

栄養価が高いから、すごく助かってますね!その1粒に、びっしり栄養が濃縮
されている感じがします。なんで、結果1日でやる量も少なくていいので
その点がいいかな!

 

カナガンは、アレルギーの原因である、穀物類、人工添加物が入ってないんですよね。
それが安心できますね。なんといっても、穀物などによるアレルギーの危険からは
逃れられますからね。

 

市販で売っている、ニュートロ シュプレモやアーテミスと比較すると、価格は高いですが、グレインフリー(穀物不使用)
な部分がコスパ最強といわれる所以でしょうね。市販のものは、やはり腹持ちをよくするための穀物がたいがいは入って
ますからね。カナガンは良質の肉(チキン)が50パーセント以上入っているし、いまのとここの値段でこの原材料
は最高だと思います。

 

有名な市販のドッグフードでは、原材料に穀物を使っているものも多いです。この穀物は
腹持ちがいいので使われるのですが、カナガンはこの穀物の代わりに、さつまいもを
使ってます。ここが他のものとは違う売りなんですよね。さつまいもは野菜なので
消化にもよく、穀物よりもアレルギーの心配ないですしね。

 

公式ページはこちら

 

 

 

おすすめ!コスパがいいドッグフード  2位【モグワン】

 

 

 



 

 

 

 

●モグワンがコスパに優れている理由

 

 

「モグワン」はカナガンのスタッフが愛犬の理想の食いつきを求めて研究に研究を重ねて開発されたドッグフードで、
獣医学雑誌にも掲載されたことがあるほどです。グレインフリーで着色料や香料などは不使用となっているため、
安心して与えることができます。

 

「モグワン」は大きく分けて3つの特徴があります。1つは使われている原材料は全てヒューマングレードつまり
人間が食べることができるほど安全な野菜やフルーツなどを使っています。肉とのバランスを考え、トマトとアスパラガス、
ジンジャー、バナナやリンゴ、クランベリーなどをバランス良くブレンドしています。

 

2つめは高たんぱく質でグレインフリーとなっていることです。肉はフレッシュチキンの生肉、生サーモンなど50%以上も
配合されています。チキンはイギリス産の平飼いでストレスなく育ってもの、サーモンはカナダ産の新鮮なものを使っています。
これによってグレインを加えることもなく手作りできています。

 

3つめはシンプルな作り方をしているので、自由にトッピングをして楽しませることができるということです。
特別な時にご褒美を与えたいという日にも便利です。

 

内容量に違いがるので、1日あたりの値段はカナガンより少々割高になりますが、
カナガンよりも、カロリーは低く、かつ脂肪分が少ないです。
なので、太り気味、肥満気味の犬には最適といえますね。

 

モグワンは、たっぶり栄養がとれて、免疫力アップ、老化防止ができるとこが
いいですね。そういう面ではコスパがいいと言えるでしょう。

 

公式ページはこちら

 

 

 

おすすめ!コスパがいいドッグフード  3位【アランズ ナチュラルドッグフード】

 

 



 

 

●アランズ ナチュラルドッグフードがコスパに優れている理由

 

 

 

「アランズ ナチュラルドッグフード」は無添加の素材だけにこだわって使っており、着色料や保存料、
香料、人工添加物といったものは無添加となっています。またアレルギー対応食なので豚肉や牛肉、乳製品、
とうもろこしや小麦、大豆なども使われていません。人間でも食べることができるほど安全なラム肉を最大で
55%使用しているので愛犬の食いつき率も非常に高いです。

 

しかも栄養たっぷりなので高吸収・高消化となっているので給与量も2分の1ですむのもメリットです。
さらに全犬種向けで7か月の幼犬からシニア犬まで食べることができるようになっています。

 

アレルギーの症例が少ないと言われているラム肉を使用しているし
それが、この値段で購入できるのはいいだよね。
また食い付きもいいんだよー。

 

価格的には、カナガンと変わらないぐらいでし、うちのワンちゃんは
チキンアレルギーなので、ラム肉であるこのアランズ ナチュラルドッグフード
を選んでます。

 

公式ページはこちら

 

 

 

 

 

原材料は大事!4Dミートと副産物の恐ろしさ

 

ホームセンターなどの市販のペットフードでは、愛犬の身体にとって危険な肉が混在していること
が多々あります。

 

それが、俗に言われる、4Dミートというものです。

 

これは、

 

1.Dead  何らかの病気や傷を負って死んだ動物の肉。
2.Dying  死にかけている動物の肉。弱って、瀕死の状態の動物の肉。
3.Diseased ガンまたは、感染症などの病気になって、死んだ動物の肉。
4.Disabled  けがや先天的、後天的な障害を持った動物の肉。

 

となっており、この4つのことを4Dミートと言っています。

 

 

これは、本来ならば、廃棄処分して、捨てるはずだったものが混在している可能性があります。

 

たとえば、

 

もう死んでから長い時間が経って、腐敗しているものを無理やり加工してたり

 

病気になっていた動物の肉や、病気の動物に投与していた薬物が残っていたりと・・・

 

知らず知らずに、これらを口にしてる思うとほんとに怖いと感じます。

 

 

さらには、肉といっても、家畜や家禽ではなく、ねずみ、犬、猫など。えっそんなものがというものも
入っていたりします。もうなんでもありといった様子です。

 

 

あとは、副産物。

 

これは、肉以外の部分を指します。

 

血液、頭、内臓、羽根、毛

 

これらを加工してドッグフードの原材料に化けていくのです。

 

 

たとえば、原材料、成分表のところに、以下のような曖昧な表示

 

 

・肉副産物
・動物性油脂
・ミートエキス
・家禽副産物
・ミートミール
・ミートエキス
・肉骨粉

 

 

が、されているならば、4Dミート、副産物が入ってる可能性が多いにあります。

 

ただ、全部がそうかというと違う可能性もありますが、

 

もし、高品質な安心できる素材を使っているのなら、

 

商品の原材料のところに、

 

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%などのように

 

しっかりとした表記をすると思います。

 

こうした曖昧な表記をしていないドッグフードは自信をもって書いているので
とても安心ができます。

 

ここまでお伝えしてきたような、粗悪な原料のドッグフードを日常的に食べると
アレルギーはもちろんのこと、ガンになりやすくなったり、短命になったりと
愛犬の身体を蝕んでいくことになるので、日々与える食事選びはペットの健康を
守っていくのに非常に大事と言えるでしょう。

 

※ちなみに、上記で紹介してきた、カナガン、モグワン、アランズ ナチュラルドッグフードには、4Dミートと言われる、粗悪な肉は使用されてませんので安心して与えることができます。